DISCOVER私たちのジンづくりについて

厳選された素材、
その香りと味わいを追求する。
『KOMASA GIN(コマサジン)』は、130年以上にわたって焼酎を
つくり続けてきた小正醸造による、クラフトジンのレーベルです。 
ジンも焼酎も、つくり方を見れば同じ「蒸留酒」。
長い歴史の間に培ってきた蒸留にまつわる豊富な知識と高い技術を
新たに生かすレーベルとして、2018年にスタートしました。
ジンはジュニパーベリーと、スパイスやフルーツの果皮などの
素材(ボタニカル)を用いた蒸留酒。
コマサジンは、米焼酎をベースに、ジュニパーベリーとメイン素材以外の
ボタニカルは極力数を抑えています。
それは、メインのボタニカルそのものの味に、大きな敬意を払っているから。
厳選した素材の味わいや香りを最大限に引きだすことを追求しています。
幅広い人々に飲みやすく、蒸留酒の可能性を秘めた
新感覚のクラフトジンをお楽しみください。

BOTANICAL素材

小正醸造のある鹿児島県は、海と山の両方に恵まれた豊かな土地。この土地ならではの食材も数多く見つかります。新たにジンをつくるという挑戦にあたって、まずは慣れ親しんだ地元の味をメインボタニカルにすることが、当然の選択肢だと考えました。「桜島小みかん」「ほうじ茶」のジンはこうして生まれています。

DISTILLING蒸留

明治以来、焼酎をつくり続けてきた小正醸造にとって、蒸留についての知識と技術は何よりも大切な財産です。職人たちが次の世代へと伝えながら蓄積してきたそのノウハウが、コマサジンの蒸留にも生きています。

BLENDINGブレンド

甘いものに少量の塩を加えて甘みをさらに引き立てる、一般にもよく知られた“隠し味”のような存在が、実はコマサジンにもあります。メインのボタニカルの香りと味をより引き立てるために、何をどれだけ加えるべきか。熟練の職人たちが五感をフル活用して、繊細なブレンドを行います。

DISTILLERY蒸留所

小正醸造の創業は1883(明治16)年。当時より地元の神社へお神酒を届ける造り酒屋であり、土地に根を張った酒づくりを続けてきました。
地元の人々の晩酌に長く愛され続ける『小鶴』を始めとする本格焼酎の製造はもちろんのこと、焼酎の貯蔵・熟成に初めて挑んだのも小正醸造です。熟成することでまろやかな味わいとなった『メローコヅル』は国内外で数々の賞を受賞し、蒸留酒の可能性を広げています。

クラフトジンレーベル『KOMASA GIN』も、そんな、新しい挑戦に積極的な小正醸造の気質から生まれてきたものです。